院長井口哲彦ごあいさつ

 ごあいさつ

 私は、医学部卒業後、5年間内科医として働き、
そのうち3年間は、神奈川県の病院で内科医として約50人の在宅患者を診察し、
在宅医療を学びました。
 その後、父が耳鼻科医であったので、耳鼻科の研修をして、
平成5年、父の後を継いで竹原市の医院を継承しました。
 平成15年、広島・ホスピスケアをすすめる会竹原支部が発足したのを機会に、
在宅がん患者さんを、ホスピスボランティアと共に、年間数名家で看取っています。
 また、平成15年に認知症対応型グループホーム「ゆかりの里」を開設運営して、
9人の利用者の主治医となり、認知症診療を学んできました。
 平成18年より、大崎上島町耳鼻咽喉科診療所の管理者となり、
月に2回の出張診療も継続しています。
 平成28年9月には、診療所名を「井口耳鼻咽喉科眼科医院」より
「いのくちクリニック」に変更して、
耳鼻咽喉科診療と在宅医療(緩和ケアを含めて)を両輪とし研鑽を積んで、
地域住民のためにがんばって参ります。

院 長

井口 哲彦

 私は、医学部卒業後、5年間内科医として働き、そのうち3年間は、神奈川県の病院で内科医として約50人の在宅患者を診察し、在宅医療を学びました。
 その後、父が耳鼻科医であったので、耳鼻科の研修をして、平成5年、父の後を継いで竹原市の医院を継承しました。
 平成15年、広島・ホスピスケアをすすめる会竹原支部が発足したのを機会に、在宅がん患者さんを、ホスピスボランティアと共に、年間数名家で看取っています。
 また、平成15年に認知症対応型グループホーム「ゆかりの里」を開設運営して、9人の利用者の主治医となり、認知症診療を学んできました。
 平成18年より、大崎上島町耳鼻咽喉科診療所の管理者となり、月に2回の出張診療も継続しています。
 平成28年9月には、診療所名を「井口耳鼻咽喉科眼科医院」より「いのくちクリニック」に変更して、耳鼻咽喉科診療と在宅医療(緩和ケアを含めて)を両輪とし研鑽を積んで、地域住民のためにがんばって参ります。

院 長

井口 哲彦

院長略歴


昭和54年
●修道高校卒業
 
昭和61年
●帝京大学医学部卒業
●広島大学病院内科研修
 
昭和62年
●国立呉病院内科研修
 
昭和63年
●南大和病院内科(神奈川県)
 救急医療、在宅医療を学ぶ。
 糖尿病外来担当
 
平成  3年
●広島大学病院耳鼻咽喉科
 
平成  4年
●県立広島病院耳鼻咽喉科
 
平成  5年
●井口耳鼻咽喉科眼科医院継承
 
平成15年
●認知症対応型グループホーム運営
 利用者の主治医となり、
 認知症診療を学ぶ。
●広島ホスピスケアをすすめる会・
 竹原支部発足
 ボランティアと共に、
 年間数名の在宅がん患者を
 看取っている。
 
平成18年
●大崎上島町耳鼻咽喉科診療所管理者
 
平成28年
●医院名変更
 「いのくちクリニック
 (耳鼻咽喉科、緩和ケア内科)」

昭和54年
昭和61年
昭和62年
昭和63年
平成  3年
平成  4年
平成  5年
平成15年
 
平成18年
平成28年

●修道高校卒業
●帝京大学医学部卒業 ●広島大学病院内科研修
●国立呉病院内科研修
●南大和病院内科(神奈川県) 救急医療、在宅医療を学ぶ。糖尿病外来担当
●広島大学病院耳鼻咽喉科
●県立広島病院耳鼻咽喉科
●井口耳鼻咽喉科眼科医院継承
●認知症対応型グループホーム運営 利用者の主治医となり、認知症診療を学ぶ。
●広島ホスピスケアをすすめる会・竹原支部発足 ボランティアと共に、年間数名の在宅がん患者を看取っている。
●大崎上島町耳鼻咽喉科診療所管理者
●医院名変更「いのくちクリニック(耳鼻咽喉科、緩和ケア内科)」

資格等


耳鼻咽喉科専門医
日本医師会認定産業医